おおゆき工房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS シリウスさんへのレス327

<<   作成日時 : 2019/01/10 20:45   >>

トラックバック 0 / コメント 3

以下は12/31のシリウスさんへのレスです。


↓以下はコメント欄で。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、新年あけましておめでとうございます。


>それにしても、セセルイアはまだ完成していないんですな。
いや、完成はしてるけど使ってるうちにあちこちガタがきたり、技術が進んでもっといい形にできたりとかありますし、予算の都合がつくなら直せるところは直すでしょうしね。
年度末になると道路工事が増える話みたいなこともあるでしょうし。(笑)


>最後のページのターコさんを見て「デンドロビウム」を
>思い出したのは私だけだろうか?(笑)
デンドロビウムってなんだっけ?って思ったら0083のあれか。
あれを直接イメージしたわけではないんですが、コンセプトとしてはあんな感じですね。
装着型の強化武装ユニット。
0083のコウはあの後悲惨な事になりましたが、ターコちゃんは(黙秘)


>お母様
>登場すると他のキャラを喰っちゃう可能性もあるから、あまり
>出さない方がいいのかも知れませんね。出て欲しいけど(苦笑)
私自身の制作ペースを考えても、あまり本筋に関わらない部分にかまけてるといつまでたっても話が終わらないというのもありますし、ある程度キャラ描写を省く形になるのは仕方がないですしね。


>以前「週100本」とか何かで見た気がするなぁ…
アニメ業界は今自転車操業が行き過ぎちゃってて、とにかくちょっとした原作があればすぐに掘り起こしてアニメ化という形になってますね。
せっかくの良原作を2クール以上でやればいいのに、1クールで次々と原作を食いつぶしちゃうというような悪循環でますます首を絞めてるようなところもありますし、どこかで落ち着かないとヤバそうなんですがねえ…。
おおゆき(工房長)
2019/01/10 20:47
>SAO
>結局、見てません(苦笑)
今回の「アリシゼーション」はSAOシリーズ最長の話だそうですが、ファンからはそんなに評価は高くないみたいですね。
長い分テンポが遅めというのもあるでしょうけれど、今までのシリーズを支えてきたサブキャラたちの出番がほとんど無いというのもあるのかもしれません。

私自身も、別につまらないわけじゃないけど、賛辞を贈るほどでもないかな今のところは、という感じですか。(^^;

新年からの新番もボツボツ始まりだしてチェックしてますが、今のところはこれといった感じのものはありませんか。


最終回を迎えた作品。
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」
前に書いたようにハルヒと化物語をミックスしたようなイメージもある作品ですが、話の構成的にも化物語みたいになっちゃったというか、TV12話+配信3話という形で完結した最初の化物語のように、TV13話+映画で完結という形になってるので、TVだけだと話の核心が見れないまま終わっちゃった印象があるのが残念でした。

TV+劇場版という形になるのは放送前から告知されてたので、そのあたりは割り切れてはいますが、やっぱりTVで始めたならTVで完結させた方が良かったんじゃないかな、と思います。
内容的には魅力的なキャラと話でなかなかの良作でした。
おおゆき(工房長)
2019/01/10 20:49
「色づく世界の明日から」
日常的に魔法がある世界で、自分自身に魔法をかけて(?)「色」が見えなくなった少女月白瞳美。
大魔法使いである彼女の祖母が、過去に戻る魔法で瞳美を60年前の過去(2018年)に送り、当時まだ高校生の祖母やその友人たちとの交流を描く話。

内容的には地味な日常話がメインですが、舞台となった長崎の街の風景や、色彩豊かな絵の世界などの映像美で魅せるところもあって、ラストはしんみりとした中にも心に残るような締め方をしてて、こちらもなかなかの良作でした。
まあやっぱり地味な作品なんで、人に強く勧めるほどのアピールポイントがあるかというと、ちょっと難しいかなというのが難点ですかねえ。(^^;

グリッドマンは前作にあたる特撮版を見てたファンは大歓喜のようで、そうでない自分も結構楽しんで見れましたが、やっぱり盛り上がり方は特撮版を知ってる人に比べて一歩引いた感じになっちゃいますか。


それでは、今年もよろしくお願いいたします。
おおゆき(工房長)
2019/01/10 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
シリウスさんへのレス327 おおゆき工房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる