デュアルディスプレイ導入しました~

えー、長らく私はUXGA(1600×1200ピクセル)のNANAO S2000のモニタを使っていたんですが、最近はこれでも手狭に感じていて、モニタがかなり安くなってきたから遅ればせながら(?)もうひとつ買い足してデュアルディスプレイにしてみました。

買ったのはASUS VS229H-P。
21.5型IPS液晶のフルHD(1920×1080ピクセル)でHDMI端子も付いていながら実売13000円台という安さ。
使ってみた感じでは、発色具合や調整機能などはS2000に全然及ばないのでお絵描き用途ではサブモニタとして使うしかありませんが、この値段を考えると充分お買い得と言えますね。

しかし、やっぱり高いモニタは高いだけのことはあるんだなと再認識しました。
発色にこだわらない用途ならばVS229Hでまったく問題ないんですが、同じ画像を表示させて比較すると色の差は歴然としてますね。
つーか購入時に8万円もしたS2000と差がなければ悲しい。(^^;


実際の使用ではS2000を縦置きにして、VS229Hの方をメインディスプレイに設定。
お絵かき以外のネットやメールの作業、動画鑑賞などはみんなVS229H側でするようにしています。
画像
両方を縦置きする形も試してみたのですが、一部のソフトはメインディスプレイの解像度が特殊な(縦置きなどの)場合に動作がおかしくなるものがあるので、こういう形に落ち着きました。

画像
スクリーンショットはこんな感じ。
二つ合わせて3120×1600ピクセルで、左上の黒の部分(1920×520ピクセル)が存在しないデッドスペースになります。

画像
ペンタブレットはこんな感じにマッピング。
VS229Hの方は右半分だけタブレットの操作範囲になる形なので、パレット類はその範囲内に集めています。
現在はまだ使用しながら効率的なパレット配置を模索している状況ですね。

改めて思ったのは、私は漫画原稿をはじめとして縦長の画像を作成する機会が多いので、やっぱり縦の作業領域が広がるのがいいですね。
最近はどこもかしこもHDサイズのモニタばかりで縦の長さが足りないので、こういう形で工夫するしかないのは残念ですが。

VS229Hはスピーカーは付いていませんがヘッドフォンジャックが付いていて、HDMIケーブルを使ってBDレコーダーのモニタとしても使えるので、これから色々試してみたいと思ってます。
思った以上に使い出があるモニタだなぁ、これ。

この記事へのコメント