「人権侵害救済法案」に反対します!

「人権を守る」という聞こえのいい言葉を隠れ蓑に、特高警察やゲシュタポのような国民の言論を監視する機構を作ろうという、稀代の悪法「人権侵害救済法案」を民主党が次の国会に提出し成立を図ろうとしています。

かつて小泉政権時代に野党だった民主党が同様の法案を提出したのですが、その時は郵政解散によってそのまま廃案になりました。
(自民党も一部の推進派議員が同様の法案(人権擁護法案)を用意していたのですが、党内の反対にあって提出には至りませんでした)
その時とは違って今回は民主党は衆議院で多数を占める与党になっているので、より危険度は高まっています。

「知らなかった」という人はまずこの法案を知ってください。
そして知らない人にもこの法案の危険性を伝えてください。

日本大学教授・百地章 震災のかげで「悪法」を通すのか(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110729/plc11072903070000-n1.htm

人権救済法案 言論統制の危険が大きい(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110803/plc11080302580001-n1.htm

この記事へのコメント