ときは今

大河ドラマGO…今回は清洲会議。
大方の予想通りGOちゃん突撃インタビューは今回も健在!
もう、ね。なんと言っていいやら言葉が見つかりません。


そんな超絶ファンタジーはさておいて、すでにドラマ内では過ぎてしまいましたが
本能寺の変。
明智光秀がその数日前に参拝して句を詠んだ愛宕神社に去年行ってきました。

神社に参拝するっつーても標高924mの愛宕山の山頂近くにある神社で、
しかも徒歩で麓から登る以外の交通手段がまったく存在しないので、
想像以上に大変な神社でした。はい。
(昔はケーブルカーがあったんだけど廃止)

清滝からの表参道入り口。
ここからえっちらおっちら登ります。

画像


延々と二時間くらいかけて登り詰めてやっと着いたーと思ってると、
最後のとどめに強烈な階段が待ってます。

画像


愛宕権現さま。
火の神カグツチを祀ってます。ここから火を吐く白い飛竜が…

画像


「ときは今 あめが下しる 五月哉(さつきかな)」という有名な句は
現在社務所があるこの辺りで詠んだらしい。

画像


そこから見下ろす京都市街の眺め。
杉の植林などが多くてあんまりよく見えません。
謀反を決意した光秀は、ここから見下ろす京の地にいる信長を
どう思って見ていたんでしょう。

画像


帰りは道を変えて裏参道を下る。
嵯峨水尾集落から見る参道入り口方面。

画像


当時亀山城(現在の亀岡市)にいた光秀は、ここを通って愛宕神社に
行ったと言われてます。
通称明智越。
こっちには行かなかったけど、なんか…ただの山道のような(^^;

画像



光秀がなぜ本能寺の変を起こしたかについては未だに真相は謎で、
色々な説が飛び交ってます。
後世の我々は直接光秀に突撃インタビュー出来るわけじゃないので
結局本当のところはわからないんですが、ドラマ内で光秀本人に
わかりません」なんて言わせちゃダメでしょ。

本当に「ダメだこいつ…早くなんとかしないと」状態。

この記事へのコメント